dTVの口コミ・評価まとめ!実際使ってわかったメリット&デメリット

※アフィリエイト広告を利用しています

dTV口コミ評判、メリットデメリット

NTTドコモが提供する映像配信サービスであるdTV。ドコモユーザー以外も利用可能で間口は広いですが、使いやすいか・コンテンツは充実しているかなど、様々な不安から登録に踏みきれない方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事ではdTVのネット上の口コミや評判を徹底リサーチし、まとめてご紹介します。さらに、実際に使用したからこそわかったdTVのメリット&デメリットも解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

dTVの良い口コミまとめ

dTVのよい口コミをまとめてみますね!

  • 月額550円(税込)とコスパ抜群
  • 初回登録時は31日間無料体験ができる
  • 12万作品以上が見放題
  • オリジナル作品が充実
  • ドラマ・アニメ・映画など複数ジャンルを網羅
  • 人気アーティストのLIVEを独占配信
  • バックグラウンド再生ができる
  • テレビでも楽しめる
  • オフライン再生で通信量を節約できる

作品の充実度や、機能面での扱いやすさが伺えますね。また、dTVでしか視聴できない独自コンテンツの質が高く評価されていることもわかります。

dTVの運営会社がエイベックスであることを考えると、アーティスト系のコンテンツに強いのも納得です。

dTVの悪い口コミまとめ

  • 同時視聴できない
  • 見たい作品が有料レンタル作品だった
  • レンタル料金がレンタルショップに比べて高い
  • 画質が悪化する瞬間がある
  • ドコモユーザー以外はキャリア決済不可
  • 年齢制限の設定が複雑

ネガティブな評判はポジティブな口コミに比べて少ないですが、全体的には、他サービスにできてdTVにできないことへの不満の声が多い印象です。

特に、同時視聴は多くのVODサービスで対応しているだけに、不可となると不便に感じてしまいますね。

dTVの口コミまとめ

良い口コミは、「配信作品数の多さ」「配信ジャンルの豊富さ」「再生機能の使いやすさ」など、コンテンツや操作性に関するポジティブな声が目立ちました。

一方で悪い口コミは、「全てが見放題ではない」「同時再生に非対応」「支払方法の選択肢が少ない」など、課金や支払方法についての不満が多く見られました。

dTVのメリット

実際に利用したからこそわかる、dTVを選ぶメリットをご紹介します。

  • 月額料金が500円(税抜)とお手頃
  • 配信作品が定期的に追加される
  • オリジナル作品が充実
  • アーティストのLIVE映像やMVを楽しめる
  • ムービーコミックで漫画を「視聴」できる
  • 動画ダウンロード機能
  • 倍速再生機能
  • バックグラウンド再生機能
  • 31日間の無料体験

dTVの長所を語るうえでまず外せないのが、安さ。次のように他のサービスと比較してみると、改めて、dTVは低価格の部類に入るサービスだと分かりますね。

サービス名

月額料金

amazonプライムビデオ

500円(税込)

dTV

550円(税込)

FODプレミアム

976円(税込)

hulu

1,026円(税込)

U-NEXT

2,189円(税込)

月額550円(税込)とランチ代を下回るほどの良心価格でありながら、コンテンツもなかなかに充実しています。

dTVでは配信作が定期的に追加されているため、Amazonプライムも同じ500円の価格帯ですがdTVの取り扱い作品数がどんどん増え、コスパが高まっていくことが予想できますね。

作品のリクエストも可能で、『お問い合わせ』から行うことができます。

dTV 作品リクエスト

dTVでしか楽しめないオリジナル作品も魅力です。ドラマ・アニメ・バラエティ・お笑い・アーティストのLIVEなど様々なジャンルが揃っていますが、特に独自性が光っているのが、ムービーコミック。U-NEXTなどでも読める普通の漫画とは、少し形態が異なっています。

ムービーコミックとは、漫画にプロ声優のキャラクターボイス・効果音・BGMなどが入った、いわば音声付き漫画のこと。コマが自動的に流れていくのが特徴で、始めに再生ボタンをクリックするだけで良く、ページをめくる必要がないんです。

dTV ムービーコミック

漫画とアニメの中間のような、新しい楽しみ方ができるので、ぜひ一度体験されてはいかがでしょうか。

また、機能面でも魅力はたくさんあります。中でも一押しの機能が、dTVアプリのバックグラウンド再生機能。dTVアプリを閉じても音声が再生され続けるので、MVなどを流し聴きしながらSNSやネットショッピングなどができて便利ですよ。

また、dTVアプリ上で再生速度を変更できるのも実は重要な要素。どのサービスでも使えるわけではないので、嬉しいポイントです。

dTV 倍速再生

このようにコンテンツ・機能のどちらにも魅力満載のdTVですが、初回登録する場合は、これらのサービスのほぼ全てを31日間無料で利用できます。無料期間中の解約もOKなので、気軽に試せるのが嬉しいポイントですよ。

dTVの新規会員登録方法

ただし、無料体験終了日が月の途中でも、終了した月の月額利用料は満額発生するという点には要注意お試し後も続けてdTVを利用する予定の方は、月初めに無料体験を始めるのがおすすめです。

dTVのデメリット

どのサービスにも言えることですが、メリットもあれば、やはりデメリットもあります。dTVのデメリットは、主に次の6つです。

  • 全ての作品が見放題ではない
  • 最新作はレンタルのことが多い
  • 同時視聴できない
  • プロフィールを追加できない
  • アカウント共有時に視聴履歴がバレる
  • ドコモユーザー以外はキャリア決済不可

まず注意したいのは、dTVは全てのコンテンツが見放題なわけではないということです。中には課金して期限付きで視聴する、レンタル作品も存在するため、目当ての作品がレンタルでもどかしい気持ちになることも。

新作や見逃し配信などはレンタルの場合が多いので、新しめの作品を中心に楽しみたい方は課金が必要でしょう。

dTV レンタル作品

機能面のデメリットとしては、アカウント共有時の不便さが挙げられます。

アカウントを共有する際、dTVはプロフィールを追加する方式ではないため、視聴履歴がバレてしまうのが痛いところ。こまめに削除する必要がありそうです。

dTV app 視聴履歴

また、同時視聴も残念ながら不可となっています。

dTV マルチデバイス同時視聴エラー

1人での利用が中心の方は問題ありませんが、家族共有を考えている方は一度他サービスも検討してみてくださいね。

また、支払方法の選択肢が少ないのも気になるところ。dTVで利用可能な支払方法は、次の通りです。

  • ドコモ ケータイ払い(ドコモ回線を契約している場合のみ)
  • クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
  • App Storeでの購入
  • コンビニでのシリアルコード購入
  • gifteeでの購入

ドコモ回線を契約していない場合、キャリア決済(auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い など)を利用できないので注意してくださいね。

dTVのメリットデメリットまとめ

dTVのメリットは、「コスパが良い」「独占配信作品がおもしろい」「機能の利便性が高い」など、料金の安さを忘れてしまうほどに充実した内容や、使いやすい機能が挙げられます。

一方で、dTVのデメリットは、「レンタル作品は課金が必要」「アカウント共有に適していない」「支払方法が少ない」など、一部のユーザーにとっての使い勝手の悪さだといえるでしょう。

目的や利用環境がdTVの強みと合致しているという方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

dTVには、アカウント共有時にプライバシーを守りにくいといったマイナスポイントもありますが、それを上回る魅力が多く存在することがわかりました。月額550円(税込)とは思えない便利な機能や独自性のあるコンテンツは、どれもぜひ体験していただきたいものばかりです。

何人で、どんなコンテンツを見るために利用するかによっても相性の良さは人それぞれですが、初回は31日間無料で利用できるため、自分にあったサービスかどうかのチェックもかねて、ぜひdTVを楽しんでみてくださいね

本作品の配信情報は2021年3月3日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

スポンサーリンク

dTV

Posted by さくら